英日翻訳講座 翻訳ダンベル
目次      ランダム      講座・コラム一覧  

第38問 イギリス英語とアメリカ英語の違い

次の文はイギリス英語で書かれていますが、そう判断できる根拠を下の4つの中からひとつ選んでください。(参考 cow = バカ女 demigod = 半神半人 aubergine = ナス)

"That's a bloody shepherd's pie you stupid cow. You're supposed to be the Greek goddess of love, not some Anglo-Saxon farming demigod."

"What's wrong with using potatoes instead of aubergines? Nobody likes aubergines anyway."

(by Jon Borresen)

a. shepherd's pie
b. cow
c. demigod
d. aubergine

解答はこちら     Tweet


解答・解説

正解はd.のaubergine(ナス)です。

ナスは米国ではeggplant、イギリスではaubergineと呼ばれています。aubergineの語源はフランス語やスペインのカタロニア語、アラビア語にあるそうです。このように、アメリカ英語とイギリス英語では単語や綴り、発音といった様々な相違があるほか、アメリカ英語でWill you be able to come at eight tomorrow morning? と言うところを、イギリス英語ではShall you be able to〜と言うなど、文法的にも違う場合があります。

こうした違いを解説している以下のようなページもあります。

ちなみにa. のshepherd's pieは、たしかにイギリス料理ではありますが、アメリカでも同じ名前で料理されており、課題文がイギリス英語で書かれていると判断する根拠にはなりません。

問題はこちら     Tweet



Copyright (C) 2006-2021 Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

当サイトに不適と思われる広告が表示された場合は、連絡ページからその広告に表示されるURL(アドレス)をご連絡いただけると幸いです。URLを指定することにより表示しないようにすることが可能です。それ以外の制御は今のところ困難ですのでご容赦ください。