英日翻訳講座 翻訳ダンベル
目次      ランダム      講座・コラム一覧  

第16問 英文法の問題

次の文を読んで、第1文の冒頭に述部が置かれている理由を、下の4つの中からひとつ選んでください。

Gone are the days when we all happily got together!

a. 反復のため
b. 強調のため
c. 謙譲の意味合いで
d. 比較のため

解答はこちら     Tweet


解答・解説

正解はb.の「強調のため」です。

英語では、文の一部を強調したいとき、通常の語順を無視して、強めたい部分を文の冒頭またはその近くに持ってくることがあります。いわゆる倒置用法です。その場合、主語と述語の位置が逆転することもあり、課題文のように平叙文であるにもかかわらず動詞の部分(述部)が主語の前に出ているわけです。

課題文は補語を強めている例で「みんなで楽しくパーティをやった時代はもはや過去のものとなってしまった」という意味。過ぎ去ったことを強調し、惜しむ気持ちがこめられています。これ以外に、副詞を強めている例はNever have I seen such a beautiful beach as this.(こんなに美しい砂浜は見たことがない)。目的語を強めている例は This he gave me.(これです。彼が私にくれたのは)。このほか、動詞を強める方法としてHe did come.(彼はたしかに来ましたよ) Do sit down!(座れったら!)のようにdoを加えるものがあります。

さらにもうひとつ、ちょっと毛色の違った方法ですが、同義語を2つ並べるという強調のしかたもあります(例 Soccer kept me well and kicking. サッカーのおかげですごく元気にしていられた)。

問題はこちら     Tweet



Copyright (C) 2006-2021 Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

当サイトに不適と思われる広告が表示された場合は、連絡ページからその広告に表示されるURL(アドレス)をご連絡いただけると幸いです。URLを指定することにより表示しないようにすることが可能です。それ以外の制御は今のところ困難ですのでご容赦ください。